理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酵素センサ】 OZA341-EJ7・マツダ AZオフロード・AZワゴン・ラピュタ 純正品番:1A02-18-861A 驚きの

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酵素センサ】 OZA341-EJ7・マツダ AZオフロード・AZワゴン・ラピュタ 純正品番:1A02-18-861A 驚きの —— 10,100円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酵素センサ】 OZA495-EF4・マツダ デミオ 純正品番:B5E1-18-861B 人気,得価

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酵素センサ】 OZA495-EF4・マツダ デミオ 純正品番:B5E1-18-861B 人気,得価 —— 4,900円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酵素センサ】 OZA501-EH12・ホンダ シビック 純正品番:36532-PLM-A01 本物保証,100%新品

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酵素センサ】 OZA501-EH12・ホンダ シビック 純正品番:36532-PLM-A01 本物保証,100%新品 —— 8,300円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酵素センサ】 OZA544-EN7・日産 マーチ・リバティ 純正品番:22690-8J001 9610 安い,人気SALE

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酵素センサ】 OZA544-EN7・日産 マーチ・リバティ 純正品番:22690-8J001 9610 安い,人気SALE —— 10,900円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酵素センサ】 OZA562-EH7・ホンダ ステップワゴン 純正品番:36532-PRC-004 数量限定,爆買い

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酵素センサ】 OZA562-EH7・ホンダ ステップワゴン 純正品番:36532-PRC-004 数量限定,爆買い —— 8,000円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 LZA08-EJ1・スズキ MRワゴン 純正品番:18213-58J00 数量限定,高品質

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 LZA08-EJ1・スズキ MRワゴン 純正品番:18213-58J00 数量限定,高品質 —— 12,300円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 LZA08-EJ2・スズキ MRワゴン 純正品番:18213-58J01 大人気,定番

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 LZA08-EJ2・スズキ MRワゴン 純正品番:18213-58J01 大人気,定番 —— 12,100円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 LZA09-E1・ホンダ シビック/フェリオ 純正品番:36531-P07-013LZA09-E1 送料無料,

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 LZA09-E1・ホンダ シビック/フェリオ 純正品番:36531-P07-013LZA09-E1 送料無料, —— 16,000円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA186-EF3・マツダ デミオ 純正品番:B31R-18-861A 送料無料,品質保証

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA186-EF3・マツダ デミオ 純正品番:B31R-18-861A 送料無料,品質保証 —— 4,900円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA341-EJ2・マツダ AZオフロード・AZワゴン・ラピュタ 純正品番:1A02-18-861 限定セー

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA341-EJ2・マツダ AZオフロード・AZワゴン・ラピュタ 純正品番:1A02-18-861 限定セー —— 10,900円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA401-EJ3・マツダ AZオフロード・ラピュタ 純正品番:1A01-18-861 最新作,HOT

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA401-EJ3・マツダ AZオフロード・ラピュタ 純正品番:1A01-18-861 最新作,HOT —— 10,900円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA446-E65・スバル レガシィ 純正品番:22690AA740 限定セール,最新作

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA446-E65・スバル レガシィ 純正品番:22690AA740 限定セール,最新作 —— 12,800円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA446-E68・日産 プリメーラ・X-トレイル 純正品番:22690-6N206 本物保証,100%新品

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA446-E68・日産 プリメーラ・X-トレイル 純正品番:22690-6N206 本物保証,100%新品 —— 12,500円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA446-E69・日産 セドリック・X-トレイル 純正品番:22690-8H601 100%新品,お得

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA446-E69・日産 セドリック・X-トレイル 純正品番:22690-8H601 100%新品,お得 —— 11,300円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA481-EAF1・スバル サンバー・ディアス 純正品番:22690KA171 定番,正規品

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA481-EAF1・スバル サンバー・ディアス 純正品番:22690KA171 定番,正規品 —— 9,800円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA488-EF5・マツダ トリビュート 純正品番:AJ03-18-861D 最新作,人気

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA488-EF5・マツダ トリビュート 純正品番:AJ03-18-861D 最新作,人気 —— 4,900円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA496-EJ1・マツダ キャロル・AZ-1 純正品番:AZ28-18-861A 格安,定番人気

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA496-EJ1・マツダ キャロル・AZ-1 純正品番:AZ28-18-861A 格安,定番人気 —— 12,900円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA501-EH4・ホンダ アヴァンシア 純正品番:36531-PCA014 人気SALE,大人気

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA501-EH4・ホンダ アヴァンシア 純正品番:36531-PCA014 人気SALE,大人気 —— 8,300円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA511-EN1・日産 アベニール・エキスパート 純正品番:22690-AN210 格安

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA511-EN1・日産 アベニール・エキスパート 純正品番:22690-AN210 格安 —— 13,500円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA527-E39・日産 エルグランド 純正品番:226A0-VG301 爆買い,新作

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA527-E39・日産 エルグランド 純正品番:226A0-VG301 爆買い,新作 —— 12,400円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA527-E40・日産 エルグランド 純正品番:226A1-VG301 格安,大人気

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA527-E40・日産 エルグランド 純正品番:226A1-VG301 格安,大人気 —— 12,300円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA540-EH2・ホンダ バモス 純正品番:36531-PTG-004 品質保証,お得

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA540-EH2・ホンダ バモス 純正品番:36531-PTG-004 品質保証,お得 —— 6,700円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA544-EN14・マツダ ファミリア 純正品番:1N10-18-861 人気SALE,送料無料

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA544-EN14・マツダ ファミリア 純正品番:1N10-18-861 人気SALE,送料無料 —— 11,100円


理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。
店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA544-EN5・日産 フェアレディZ・ステージア 純正品番:22690-AL600 新作登場,正規品

キッズサイズ

OTHER BRAND

COLEHAAN

Thrasher

THE NORTH FACE

女の子スニーカー

VANS

LOSERS

CONVERSE

Onitsuka Tiger

REEBOK

le coq sportif

BOOTS

NEW BALANCE

PUMA

【ビッグ・スモールサイズ】

KEEN

ASICS

NIKE

ADIDAS

ソファ

3Pソファ

1Pソファ

2Pソファ

キッズ

その他

デスク

収納

デスクセット

チェア

テレビボード

コーナータイプ

~150cm幅

~120cm幅

~180cm幅

雑貨

ラグ マット

時計

ミラー

収納雑貨

その他

デスク

サイドワゴン

ドレッサー

デスクセット

パソコン ワークデスク

チェア

フロアチェア 座椅子

カウンターチェア

デスクチェア

スツール

キッチン収納

食器棚 レンジ台

キッチンワゴン ストッカー

キッチンカウンター

テーブル

サイドテーブル

リビングテーブル

ベッド

マットレス

ダブルベッド

シングルベッド

セミダブルベッド

ダイニングテーブル/セット

ダイニングチェア

ダイニングセット

ダイニングテーブル

リビング収納

シューズボックス

チェスト タンス

ラック シェルフ

キャビネット サイドボード

ハンガー

自転車 アウトドアグッズ

海の幸

お取り寄せスイーツ

デジタルカメラ

テレビ オーディオ

美容家電

ゲーム機器

グルメ

キッチン用品

ディズニーチケット

iPad&iPod等

高級和牛 ブランド豚etc

生活家電

USJペアチケット

その他生活家電

浄水器・整水器

浄水器

携帯浄水器

浄水器カートリッジ

その他浄水器

暖房器具

空調機器

時計

冷房器具

照明・照明器具

キッチン・調理家電

コーヒーメーカー

精米機

フライヤー

ホットプレート

キッチン家電オプション

トースター

IH調理器

その他キッチン・調理家電

ミキサー・フードプロセッサー

炊飯器

ガスコンロ

健康・美容家電

シェーバー

電動歯ブラシ

包丁・ナイフ

キッチンばさみ

まな板

包丁研ぎ器

包丁・ナイフ

鍋・フライパン

チーズフォンデュ鍋

鍋蓋

両手鍋

フライパン

寸胴鍋

片手鍋

家事家電

セキュリティ

セキュリティ・その他

ETC・DSRC

ETC2.0車載器(DSRC)

カメラ

サイドカメラ

バックカメラ

KTC2017SKセール

ドライブレコーダー

ユピテルYUPITERU

オプションその他

セルスターCELLSTAR

コムテックCOMTEC

ケンウッドKENWOOD

レーダー探知機

レーダーオプション

メーカー別

カーオーディオ

オーディオデッキ(2DINサイズ)

パワーアンプ

オーディオデッキ(1DINサイズ)

モニター・リアモニター

フリップダウンモニター

リアヘッドレストモニター

映像分配器・その他

取付キット・配線・接続ケーブル

日東工業

タイヤ・サスペンション関連

チェーン・滑り止め

メンテナンス用品(オイル・ケミカル・潤滑油など)

オイル添加剤

ガソリン添加剤・軽油添加剤

工具・ガレージ製品

エンジンオイル

外装パーツ

ミラー

ドレスアップ

ラップフィルムシリーズ

マフラー

ワイパー・ワイパーブレード

エアロ

ストラットバー

TVキット・ナビキット・配線キット・入出力アダプター

テレビナビキット

リアカメラ接続アダプター

テレビキット(国産車用)

ライティング(HID・LED・電球・ライト・ランプ)

ウィンカーポジション・4灯化・ブレーキフラッシュキット

HIDコンバージョンキット

LEDバルブ

オプション・その他

純正交換HIDバルブ

LEDヘッドライト・フォグランプ

メーカー別

エンジンスターター

カーメイト CARMATE

ユピテル YUPITERU

エンジンスターターオプション・その他

コムテック COMTEC

車検・修理パーツ・D・I・Yなど・・

修理部品・クルマのD・I・Y

車検証入れ

作業着・ユニフォーム・つなぎ

D-SPORT

スパークプラグ

エーモン

NTK酸素センサ

バッテリー

国産車(アイドリングストップ車対応)

バッテリー関連、その他

メーカー別

バッテリーメンテナンス関連商品(端子・ケーブル・精製水など)

輸入車用

国産車(標準車用)

スピーカー・アンプ

インナーバッフル

17cmスピーカー

その他スピーカー・アンプ・パッケージ

16cmトスピーカー

カー用品以外

日用品・生活雑貨

その他

スポーツ・アウトドア用品

防災・防犯

美容・健康・コスメ

AV家電

DIY・作業用品

生活家電

カーナビゲーション

その他メーカー

DIATONE 三菱ダイヤトーン

YUPITERU ユピテル

ECLIPS イクリプス

KENWOOD ケンウッド

ALPINE アルパイン

Panasonic パナソニック

Clarion クラリオン

Carrozzeria カロッツェリア

キャリア・ラック

ROCKY(ロッキー)横山製作所

TERZO(テルッツォ)PIAA

TUFREQ(タフレック)精興工業

THULE(スーリー)

内装パーツ

マットレス・カーテン・クッション

シートカバー・フロアーマット

内装パーツ・その他

カテゴリ一覧

バスケア

マウスケア

スキンケア

雑貨

ヘアケア

食品&飲料

SK2 / SK-II 製品カテゴリ−一覧

ベースメイクアップ

美白・ホワイトニングケア

ピテラTMベーシックケア

エイジングケア

電子タバコ